スポンサードリンク


前脛骨筋のよわさで疲れやすい。

前脛骨筋は歩く際などに、地面の衝撃を吸収してくれるのですが、

使えてないと、衝撃が太ももの前にくるので疲れやすくなります。


前脛骨筋が弱いと、足首がグラグラしてしまい、その疲れが顎に来ます!

顎が開きにくくなり、奥歯に力が入るようになり、前歯でかみにくくなります。

しっかり前歯で噛めなくなると、前歯の歯茎がかたくなって、上顎が硬くなり(骨の縫合・縫い目みたいなところが固まる)、老廃物が溜まってくると鼻がモヤモヤとしてアレルギーが・・・^_^;


顎が硬くなると、頚椎の4・5番が前にひっぱられるので、気道が狭くなり、顎が上がってきます。

すると、足裏に更に力がはいらなくなり、
グラグラして、膝や股関節も緩くなり、下半身が疲れやすくなっていきます。~_~;

怪我もしやすくなります。

 こちらを参考に!
筋肉が上手く使えてないと痛みやすい


気をつけて下さい。d(^_^o)


前脛骨筋がガチガチに固まっている人は、前歯は噛みにくいですが、このような症状は出ないと、思います。

なので変に緩めないほうがいいと思います。




スポンサードリンク


スポンサードリンク


posted by 名古屋清須稲沢あま市のはっしん接骨院 at 11:36 | Comment(0) | ダメな姿勢! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。